© 2017 presented by HEARTRIP

  • Facebook - White Circle
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Please reload

もしも、運命の人がいるのなら

もしも、運命の人がいるのならっていう歌、ありますよね。

西野カナさんが歌っていた歌です。

大学一年生の時アカペラサークルで歌った思い出の歌です。

 

=================================

 

やっぱり女子大生をやっていると、尽きないのはコイバナ。

こんなにたくさんの人とお付き合いするっていうことは、

たくさんの人と本気で向き合うことができる時間があるということで、

いい意味で今しかないのだろうな、

ある男友達は、今が一番人生楽しいかもなんて言ってたり。

 

辛い思いをしたり、寂しい思いをしたり、不安になったり、

物理的にお金がかかったり、でもバイトに行きたくなくなったり。

大変なこともたくさんあるけれど、それでもやっぱりときめく瞬間って楽しいよね。

素直に、楽しいと思える今を、大事にしたい。

素直に、恋愛を楽しむ時間を、友達と楽しみ合う時間を、大事にしたい。

 

=================================

 

でもどうしても、不安になることもあるよね。

「ずっと一緒にいようね」という言葉が、永遠でないことを知ってしまうこともある。

 

ただ私には、運命の人はきっといるだろうと、信じる強さがあります。

 

それは、人からもらったものだから、ここで私も、シェアしたいんだ。

 

=================================

 

その強さは、私が姉ちゃんと慕うお友達にもらいました。

その強さは、結婚をしてひどい目にあってきたけど今は、自分らしく生き生きと人生を謳歌する長野の女性にもらいました。

その強さは、心豊かに生き生きと働く女性たちに、もらいました。

 

姉ちゃんは、仕事をバリバリ頑張ってきて今、恋愛を頑張っています。

その姉ちゃんの目が、澄んだ瞳が、私を元気にしてくれます。

いつまでも、私も恋をしていたいと思います。

 

長野の女性は、とにかくポジティブで。自分にできることをなんでもやる、そして、自分が生き生きと生きる方法を、自分が一番分かっている人。

 

=================================

 

私はちょうど1年前、SFCの井庭崇研究室で、働く女性が心豊かに働くためのパターンランゲージを、チームの仲間と、執筆しました。(イラストも描いたよ😊)

(http://www.kao.co.jp/content/dam/sites/kao/www-kao-co-jp/lifei/report/pdf/hibino-sekaino-tsukurikata.pdf)

 

その研究にあたり、15名ほどの、生き生きと生きる女性にインタビューをしました。

特に意識はしていなかったけど、女性のリアルな声が、今の私を作っていることは間違いありません。

 

「結婚も、出産も、タイミングだからね。そのキラっとしたタイミングを逃さないようにすれば大丈夫よ」

 

キラっとしたタイミングには、敏感でいたい。

運命の人がいたら、うれしいな。

 

でも、もしいなかったとしても、運命の人だと思っていた人が違っていたとしても、

私には、運命の人がいると思える強さがある。

強く優しく美しい、女性たちに見せてもらってきた。

 

 

 

強く優しく美しく、いつも何かに恋をしている女性は、

心豊かだと思う、生き生きとしていると思う。

 

どんな運命がわたしをまっているのか、わたしにはわからない。

 

運命の人なんて、いないのかもしれない。

 

でも、いつもなにかに恋をしてわくわくときめく人生を楽しみたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ARCHIVE
RECENT POSTS
SEARCH BY TAGS