• Facebook - White Circle

© 2017 presented by HEARTRIP

【山梨】大黒屋サンガム

かほちん、一人旅にでた。

”人と出会う旅”に出ることを決意。思い立ったら吉日、即行動タイプの私ですが、

”人と出会う旅”をオンラインで探すのは、本当に大変だった記憶があります。

 

当時、「民泊」でググると出てきたのがこちらのサイト、とまりーなでした。

(https://stayjapan.com/tomarina)

そして見つけたのが、こちらの宿、大黒屋サンガムさん

(http://daikokuya-sangam.on.omisenomikata.jp/)でした。

 

と、いうわけで今回は、記念すべき私の一人旅一発目!

山梨県にある大黒屋サンガムさんのお話です。

かれこれ3年も前の話です。

当時は、民泊という言葉を知っている人は、ほとんどいなかったなぁ。。

 

================================

 

とまりーなさんはAirbnbなどに比べると、初期設定などが比較的優しく予約しやすかった記憶があります。

 

当時は、どんな人がやっているのか、という”人”にフォーカスした民泊のサイトでした。とまりーなさんのレビューのコーナーを読むのが大好きでした。

民泊を経験したゲストと、民泊先のホストの情けの交換を、オンラインでお裾分けしてもらっている気分で、うるっときてしまうこともしばしば。笑

 

================================

 

そんなわけで、初めての一人旅は、とまりーなさん経由で大黒屋サンガムさんを予約。

確か、AO入試で大学が既に決まっていたために、センター試験をサボって行ったんだよな、、笑

 

 

東京から電車で一時間ほど高尾の方に向かうと、最寄駅に着きました。

最寄駅に着いたら連絡してね、迎えに行くからということで、最寄り駅で待っていると、軽トラに乗った方が!

 

 

「もしかして高橋さん?」

 

こんな出会い方の宿に、やっぱり戸惑いを隠せなかったけど、嬉しかった。すぐに軽トラの助手席に乗せてもらって宿へ。

 

冬だったのでまきストーブで、部屋中を温めてくれていました。

 

「こんにちは~まっていたよ~よく来たね~」

 

なんて中から奥さんが言ってくれたのを覚えています。

 

「夜ご飯、地元の人も来るから一緒に食べようよ~、

それまで自由に過ごしていていいから~」

 

というわけでゆっくり〜!

 

大黒屋サンガムさん、私好みのインテリアでとにかく可愛かったんです。一つ一つの道具や家具がとにかく可愛くて、ときめきまくっていました。置いてある本や、ロフトに胸を弾ませているうちに、テーブルの上に大きなホットプレートが出てきて。

 

 

地元の人も、普通に遊びに来て。

 

「今日うちに泊まりに来たかほちゃん。まだ高校生なんだって~」

 

何て、軽い紹介を受けて。どきどき18歳のかほちゃんは、戸惑いながら夕飯をご一緒させてもらいました。

 

「東京でカレー屋さんをやっていたんだけどね~。もう疲れちゃって。子供も育ったし、夫とのんびり好きなことをやりながら過ごしていきたいなと思ってね~。」

 

通りで部屋の中にはスパイスがたくさんあるわけです。

カレー屋さんとして、カレーも出しているのだそうです。

 

地元の人と、初めましての宿主さんと、いきなりホットプレートを囲んだのは、後にも先にもこの旅しかなかったんじゃないかなぁ。

 

地元の人が、なんの気兼ねもなく話してくれたのは、新鮮でとても嬉しかった。

 

 

================================

 

夜になると、旦那さんが、まきストーブを私のために焚いてくれました。

ワンちゃんと一緒に、火を眺めながら夜を過ごしました。

 

一生懸命にストーブを焚いてくれる旦那さんの気持ちも、

炎も、わんちゃんも、

あったかかったなぁ。

 

================================

 

朝起きるとすぐ朝ごはん。この時頂いたラッシーが美味しかった。

さすがのカレー屋さん!笑

 

朝ごはんの後には、

お父さんが、日本一きれいな富士山見えるから、是非見た方がいいと軽トラに乗せてくれました。

 

五重塔と、富士山が一気に見える、日本が誇る絶景スポットでした。

 

その絶景に、ひたすらワイワイはしゃいでいました。

若かったのでおそらく今以上に。笑

 

帰り、駅に行く車で、

 

「今度は彼も連れておいでよ。きっとかほちゃんみたいな子だったらいい人連れてきてくれるだろうねえ。

焚き火は二人でみるともっと温かいもんだし、

景色は2倍色鮮やかにみれたりするんだよ。」

 

 

お父さんがそんな素敵なことを、教えてくれました。

もうこの時には、旦那さんではなく、お父さんだったな。😊

 

「彼氏できたら、また遊びにくるね!」

 

そういって別れたことを今でも、鮮明に覚えています。

 

 

幸いにも今私には、大好きな彼がいて、私に早速連れまわされ始めているわけですが。サンガムさんにも、連れて行かなきゃ!

 

あの時よりあたたまる炎のことも、

あの時より色鮮やかに見えるであろう絶景も、

やっぱりきになる。😊

 

 

 

大黒屋サンガムさん、ぬくもりでいっぱいでした。

民泊と、ゲストハウスのちょうど間くらいの距離感で、接してくれるお父さんお母さんの優しさに、きっと感動すると思う。

 

 

是非是非、遊びに行ってみてくださいね。

 

 

 

大黒屋サンガムさんHP(http://daikokuya-sangam.on.omisenomikata.jp/

 

とまりーなHP(https://stayjapan.com/tomarina

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

SEARCH BY TAGS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ARCHIVE
Please reload