• Facebook - White Circle

© 2017 presented by HEARTRIP

【豊島区】シーナと一平のつよぽんさん

シェアチケット様と一緒にお仕事をさせていただいたとき、

お邪魔させていただいたシーナと一平。

なんと、私の元バイト先の仲間つよぽんさんがスタッフをしていたのです。

 

シーナと一平に遊びに来る人みんなが、ちょっと声をかけたくなってしまうような不思議な力を持っているつよぽんさん。

今回は、シーナと一平のつよぽんさんに、会いに行ってきました。

 

 

 

 

人々の”暮らし”の中にナチュラルに入っていけてしまうような

不思議なアーケードを進むとシーナと一平が見えてきます。

「こんにちは~」と、扉を開けると、開店前のため忙しくしているつよぽんさんが、

満天の笑顔で迎えてくれました。

「ちょっと奥に入ってて休んでて~」ということで、

利用料と、お茶大をお賽銭箱へ。

お菓子作りが上手なご近所さんのニンジンケーキもありました。

 

柔らかいお日様の光がとってもここち良い空間です。

10:30を過ぎると、どこからともなく、人が集まってくるのです。

 

 

 

壁には、オシャレに飾られた絵が。

今回飾られている絵は、目白福祉作業所の方の作品で、

展示販売会もやっているそうです。

シーナと一平はリノベーションスクールの仲間と作った建物で、この壁も、ご近所さんと一緒に塗ったそうです。

まさに、地域の方々からの愛で溢れる空間。

 

 

 

つよぽんさんとのお話は、いっつも楽しいんです。

「HEARTRIPというサイトを作っていて、、、、、

つまり私を仲介して誰かが仲良くなってくれたら嬉しいんです!」

と話すと、

「”誰か”を介すると、その人との時間が200%になるよね」とお話してくれました。

 

そんなつよぽんさんだからでしょうか。

 

 

 

なんと、シーナと一平のスタッフになったのは、本当に”たまたま”だったそうです。

 

「木が大好きなんだよねえ。」と語るつよぽんさんは、リノベーションスクール

(http://renovationschool.net/)

というリノベーションのワークショップに参加したそうです。

そのうちの1つのプロジェクトがシーナと一平だったそうです。

 

リノベーションスクールの後に、フィリピンでの語学留学へ行き、

帰ってきたタイミングで、シーナと一平のオーナーさんからここで働かないかとお誘いを受けたそうです。

 

当時、ちょうど英語を生かして働いてみたいと思っていたつよぽんさんは、シーナと一平で働くことに決めたそうです。

 

 

 

 

でもなんで、”たまたま”こんなに生き生きと働くことができる職場で働くことができたのでしょうか。

 

実は、きっかけがあったことをお話ししてくれました。

 

 

=======================

 

つよぽんさんが感性に従って生きることをはじめたのは、

23歳~24歳の頃だったそうです。

それまではずっとずっと、

自分の想いには反して生きるような生活を送っていたつよぽんさん。

 

つよぽんさんは、自分が男の人を好きになるということを

カミングアウトしたとき初めて、

”自分に素直に生きる”ことができるようになったそうです。

 

カミングアウトのきっかけは、

震災のあった東北へのボランティア合宿に参加した際に、

ある女性が、自分が同性愛者であることを話したとき、

聞いていた全員が受け入れていた姿に衝撃を受けたことでした。

 

そのときすぐに、

自分も同性愛者であることを言うことができなかったことを後悔していた矢先、

合宿のメンバーに会うことができて、

自分の想いを初めてカミングアウトできたそうです。

 

 

==================================

 

 

自分の感性に従って生きるようになって、今のつよぽんさんがあるのです。

町の子供たち、お母さんたち、おばあちゃんたちに愛されて、

いつもにこにこ宿を切り盛りするつよぽんさんは、とっても生き生きとしています。

つよぽんさんは、宿のお仕事について、

 

「今までの自分じゃない自分を名乗れる宿は居心地が良い。宿って、在りたいように居られる場所なんだよね。」

と、お話ししてくれました。

勇気を持って感性に従って生きる道を選んだつよぽんさんの言葉の一つ一つが、ぐっと心に染み渡ります。

 

「すべての人に、わかってもらおうとは思わない。人が集まる場所にいると、関わる人も増えるんだよね。だから、自分に合う人を見つけやすい場所でもあるよ。」

 

つよぽんさんの感性に従うと、”無理をしなくてもいい”のかもしれないと、思うことができます。

初めましての人と、共感できたときって、とっても嬉しいよね。

 

そんな人との出会いが呼ぶワクワク感が、

つよぽんさんを輝かせているのかもしれないな。😊

 

 

=======================

 

つよぽんさんに、ゲストとの思い出を聞いてみました。

 

オーストリアとイギリスから遊びに来ていたゲストと、お仕事終わりに銭湯に行ったり町を紹介したり。

イギリスの学生とHUBへ飲みに行ったり、

フランスから来ていた家族と、

地域の人もみんな一緒にお寿司を食べに行ったり・・・・

 

ゲストと過ごした楽しい思い出が止まりません!笑

 

「宿業をきっかけに一人の人として、仲良くなれたときは、やっぱり嬉しい。言葉が通じなくても、心が通じる瞬間はある。その瞬間ってとっても嬉しいんだよね。」

 

 

こんな想いで宿で働いているなんて、知らなかった。

そんな素敵な体験ができる宿って、やっぱりいいなぁ!

 

シーナと一平にぜひ来て欲しいお客さんについて聞いてみました。

 

「観光ブックに載っていないスポットを楽しみたい人に、ぜひ来て欲しい。

時間があれば、一緒に行けたらいいなぁ。」

 

シーナと一平の最寄駅、椎名町の駅を降りると、

氏神様の長崎神社、お寺にカフェのある金剛院があるそうで、

伝統的な神社も、近代的なお寺も楽しめるのだとか。

 

 

お話しを聞きに行ったのがお昼時だったので、

私もお米やさんが作っているおにぎり屋さんを紹介してもらいました。

 

 (地図で案内をしてくれているつよぽんさん)

とってもおいしかった、、、!

 

 

 

つよぽんさんのお話、いかがだったでしょうか?

宿で働く人の想いは、様々だけれど、つよぽんさんという”人”と心が通じる瞬間を楽しむことができて、

とても嬉しいインタビューでした。

 

私がこうして言葉にできるのは、本当に一部分です。

本当に、この記事を読んでくれているあなたに合っているか合っていないかなんて、

実際につよぽんさんに会ってみないとわからないものだと思います。

でも、こうして言葉できっかけになれることを、とても嬉しく思っています。

 

 

お近くにお住まいの方でもご宿泊にいらっしゃるとのことなので、

関東近郊の方(もちろん遠方の方も)ご宿泊いかがでしょうか?

またシーナと一平は日中カフェも営業されているので、

つよぽんさんにふらっと会えるかも?😊

カフェは、不定期でおやすみになってしまう場合もあるので、以下URLでお問い合わせ、確認をしてから遊びに行ってみてください!

 

シーナと一平のURLはこちら

(http://sheenaandippei.com/)

シーナと一平のfacebookページはこちら

(https://www.facebook.com/sheenatoippei/)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

SEARCH BY TAGS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ARCHIVE
Please reload