• Facebook - White Circle

© 2017 presented by HEARTRIP

大自然に溶ける!@佐渡一人旅

ちょうど1年前くらいに、ゲストハウス開業合宿で出会ったおすぎさんの暮らす、

佐渡に遊びに行ってきました!

佐渡のお父さんです😊

 

今まで日本のいろんなところに行ってきたけれど、ここで一番感じたことは、

”人間と自然が暮らすことのリアル”でした。

 

=======================

 

佐渡への行き方は、新潟からフェリーに乗ります。

わたしは埼玉県に住んでいるので、バスタ新宿でバスに乗り新潟駅まで、

新潟駅からフェリー乗り場までのバスに乗って、フェリー乗り場に行き

フェリーで佐渡へ向かいます。

 

 

 

 

 

移動時間を考えると、割と一日(10時間くらい)かかってしまったけれどフェリーも入れて、往復12,000円くらいでいけたよ!

 

=======================

 

わたしは自分と向き合う時間を、

一人旅のバスに乗ったりフェリーに乗ったりするところで確保するところがあるので

とてもいい時間になりました。

 

 

初めて佐渡に渡るフェリーに乗りながら、

1年前には、佐渡とは縁もゆかりもなかったことを思いました。

いつどこで誰と出会うかわからないけれど、

こうして会いたいと思える人が日本各地にいるだけで、

わたしには日本各地に家族がいるように思いました。

すごく満たされるね!

 

佐渡へ向かうフェリーはずっとずっと、水平線が続きます。

ぼんやり海と空の境目を眺めていると、なんとも不思議な気持ちになります。

 

 

 

 

 

もしかしてあらゆることの境界線って、そんなに重要なことじゃないのかもなって。

だって、海でも空でも、美しいし、どちらもわたしを優しく包んでくれたから!

 

======================

 

そんなことをぼんやり考えているうちにあっという間に佐渡に到着です!

 

 

フェリーでおすぎさんとおすぎさんの奥さんのひろさんが迎えてくれました。

本当に親戚のところに遊びに来たみたいな気持ち。

ひろさんとは初めましてだったけれど、とても芯が太くて優しい方!!!

あと、どこかかっこいい。🙊

 

佐渡に着くとまずはじめにオススメの長三郎鮨(https://tabelog.com/niigata/A1501/A150103/15001319/)

に連れて行ってくれました。

ここのオススメはなんと、”すしラーメンセット

 

 

 

 

 

そんな贅沢な話があっていいのか!!!!

って思いながら迷いなく注文!

先代がラーメン屋さんだったそうで、ラーメンも本気の美味しさ!

 

もう満腹すぎる。

 

 

 

そして、今回おすぎさんが泊めてくれたのは、一棟貸しのお家。

佐渡で人気のお店、しまふうみさんの近くです。

 

なんといっても佐渡の夜は星が綺麗。

波の音を聞きながら、満天の星を見ることができます。

本土だったらいったい何人人が来るんだろうって思うくらい、

本当に贅沢な場所でした。

 

自然に溶け込んでしまうような不思議な感覚になる。

自然と生きているなって思える場所。

 

 

朝はしまふうみさんで朝食をいただきます。

家族で協力して朝早くから焼いているパン。

これがふわふわもちもちで、本当に美味しいのです。

佐渡で大人気のパンやさん。

モーニングプレートも素敵すぎます。

 

 

私のだいすきな”しあわせのパン”という映画の世界にそっくりで

とってもほっこりした。

 

 

ちょうど田植えの時期だったので、

おすぎさんが田植えをしたという棚田に連れて行ってくれました。

 

あとゆず畑も。

 

田んぼを見て、こんなに美しいと思ったのは多分初めてだった。

美しいっていう言葉がぴったり。

 

 

 

ゆず畑も、本当にここゆず畑でいいの?

っていうくらい気持ちのいい山の上にあります。

 

 

地元の方が大切に大切に育ててきたことがわかりました。

もうちょっと上まで行くと、この絶景!!!!

 

 

 

 

おすぎさんはどうやら佐渡の大自然を使ってわくわくしたことを考えているみたい。

たのしみ😊

 

 

そしてお昼にも、

しまふうみさんでカレーをいただきます。

海の風を感じながらテラス席で食べるカレーは最高!

 

 

 

 

 

そしておすぎさんとひろさんは、鼓動の体験に連れて行ってくれました。

わたしは佐渡に行くまで鼓動を知らなかったのだけれど、

おすぎさんがすごく楽しそうに鼓動の話をするから、ワクワクしていました。

 

着いてみるとこの大きさの太鼓!

 

 

 

 

 

鼓動の太鼓は、木と、牛の皮でできています。

だから鼓動の太鼓から出てくる音は、すごく自然なこと。

いつも聞いてる電気の音と違います。

 

すごく大きい音のはずなのに、

不思議なくらい自然に体に響いてくる感覚が忘れられません。

 

本当に感動しました。

 

 

体と、振動を通した空気が、一体になっている感じがして本当に気持ちいいんです。

佐渡太鼓体験交流館、通称たたこう館で体験ができるので、

佐渡に行く時にはぜひチェックしてみてくださいね!!!

 

その後も千石船の里宿根木に連れて行ってもらったり。

 

 

 

 

温泉に連れて行ってもらったり。

 

 

その日の夜は、スーパーでお刺身を買って、ちらし寿司を作りました。

 

 

 

 

 

そしていただいたお酒は、昼間におすぎさんが見せてくれた

ゆず畑でとれたゆずを使ったもの。

 

 

 

ゆずを作っている方の手がモデルのデザインなんだって。

こういうストーリーっていいよね!!

 

その日の夜はおすぎさんと、ひろさんと、たくさんお話をしました。

二人を見ているとなんだか不思議と元気になります。

恋人ができたら紹介したいなと思うけど、おすぎさん厳しそうだな~~~!笑

 

 

最後の日の朝も、しまふうみさんのプレートをいただきます。

「佐渡じゃなくても、島ならどこでも、

しまふうみっていう名前のお店でできるから。」

という理由もあって、このお店の名前はしまふうみさんなんだって。素敵すぎる!

本土だって島だしね!

 

ここでひろさんとはお別れ。

2泊3日だったけれど、思わずハグしたくなっちゃくらい、寂しかったな。

また会えるのが楽しみって心から思えるのってこういうの。

お土産にもらった歯ブラシ大切に使ってます😊

 

 

そしておすぎさんには、

北沢浮遊選鉱場に連れて行ってもらいました。

 

本当にラピュタのような世界観。

ここで数千人の人が金を掘る仕事をしていたと思うと、

時空の歪みと、この広大さを実感します。

 

 

 

 

 

 

コスプレイヤーさんもよく写真を撮りに来たりするんだって。

 

 

そしてあっという間にお別れの時間です。

「やっぱり見送るのはいつになっても慣れないねえ。」というおすぎさん。

「また来ます!」

しか言えなかったけれど、

来るたびにどんどん魅力的になって、

喜んでもらえるように頑張ろうって本当に思います。

そういう存在が居てくれるって本当に嬉しいことだ。

 

 

帰りのフェリーはもう慣れたもの。

100円でブランケットを借りて、ぐっすり眠りました。

その勢いでバスに乗って、ぐっすり寝てたらあっという間に東京!笑

 

 

 

乗り物で寝れちゃう人には、10時間も余裕だわ!

でもポイントはあってね、

バスに乗る前に新潟駅のポン酒館で日本酒を飲んでからいくのがおすすめです。笑

 

 

おすぎさんひろさん、楽しい佐渡の旅、本当にありがとうございました!!!!

 

ゲストハウスなのかな、キャンプ場なのかな、名前はないかもしれないけれど、おすぎさんが作るものが本当に楽しみです!!

 

また会いに行くね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

SEARCH BY TAGS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ARCHIVE
Please reload