• Facebook - White Circle

© 2017 presented by HEARTRIP

曖昧なことこそ本質的

最近ぼんやり考えていることは、曖昧を楽しむことです。

 

日々感じていることが自然に移り変わるように、今も未来も柔軟に変わっていく。

 

 

だから何かを決めることは不自然であって、未来を決めることに違和感があります。

 

例えば、この人と結婚しようとか、

この会社に入ってこういう役職についてこれをしようとか。

 

決めた未来に当てはまらなくなってしまった時に、

違和感と苦しみを味わうことが、今は明確にわかります。

 

毎日生まれ変わっている私にとっては、

決めた未来に当てはまらなくなることなんて本当に当たり前のことだからです。

 

未来を決めないことが、不安だった時期ももちろんあったけれど、

今は、自分の心の声に従っているから怖いものはありません。

 

心からわくわくすることをしている時は、すべてのことが追い風になります。

それは生まれてきた意味に近いから、うまくいかないわけがないのです。

 

心からの声に従っているはずなのにうまくいかないと感じる時は、

心の声の純度を上げることに努める時間をとるか、

うまくいかなかったと感じる出来事から、きちんと学びを得られるように頑張ります。

そこは、踏ん張ります。

そこで踏ん張ると、今まで見えなかった景色が見えるようになるから、

すごく楽しいよ。

山登りって楽じゃないけど、

美味しい空気と美しい景色に出会えると、すごく嬉しい。それと同じ。

 

そういうわけで、

今は、感じていることが流れるように変わっていくように、

未来も流れるように自然に変わっていくのが美しいと感じています。

だから私は、曖昧である今を楽しんでいます。

 

曖昧である今を味わうことは人生においてすごく本質的であると感じます。

 

 

 

 

そして、もう少し具体的に曖昧であることを話してみようと思います。

一つ目は、人間関係。

友人、知り合い、仲間、親友、恋人、家族などなど、人間関係を表す言葉にはたくさんのものがあります。でも私は、その言葉のどれもが本質的ではないと考えます。

 

世界中に同じ感性を持ち、同じ境遇で育ってきた人は、私しかいないように、似ている部分はあったとしても、人は一人一人オンリーワンです。

 

だからこそ、関係性の枠組みから人を見るのではなく、

わたしとあなたの関係性を大切にし続けることが本質であると思います。

 

最近ボーダレスな社会が浸透してきていることも

きっと本質を追い続けた結果だと思う。

 

何より、そういう枠組みがなくたって、愛があれば、愛し合えるし、それはすごく優しくて温かいなって、最近感じています。

前回のブログでも書いたけど、いろんな優しい愛に、名前や枠組みはなかった。

 

ちょっと前まで一緒にいた人は、常に関係性の名前に違和感を持つ人だった。

最近出会った人は、愛に名前をつけない人だった。

 

 

そして二つ目は、仕事について。

 

将来は、ゲストハウスを開きたいって思っていたけれど、そもそも私がゲストハウスを開く頃には、ゲストハウスという言葉も、もしかしたらないのかもしれないと思います。

 

人と出会う旅が好きな人が集って、

ゆっくり語り合えるやさしい愛のある場所を作りたいです。

 

それが、

どういう名前になるのかはわからないけれど、

やりたいと思っていることをやっていたら、

きっとそれは私の仕事になっていくのだと思います。

 

今こうして、言葉に残しているのも、

きっと不思議な形で仕事という形になっていくのだと思う。

やりたいことをやっていたらね。

 

いろんな感性や知性を持っている人がいるこの世の中において、

私のような知性と感性のバランスを持った人が少し頑張って形に残すことはきっと意味があると思うと感じているから、きっと世界にとっては本当に微力だけど、こうして感じたことを形にしておきたいんだ。

もちろん、形にすることは、私自身の魂の救済という意味もあるけれど。😊

 

 

人間関係も、未来の仕事も、

今の私はいい意味でわからない。

今ある言葉じゃ言語化するのは不十分すぎる未来の世界に今日も明日も明後日も、私はときめいています!💓

 

 

今回もお付き合いいただき、ありがとう!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

SEARCH BY TAGS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ARCHIVE
Please reload