© 2017 presented by HEARTRIP

  • Facebook - White Circle
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Please reload

ALPS BOOK CAMP2018 レポート!

ALPS BOOK CAMP 

タイトルをつけるなら、自然に溶けるフェス

 

 

7月21日(土)~7月22日(日)の期間長野県大町市にある木崎湖畔で開催された「ALPS BOOK CAMP 2018

 

今年はご縁があったので、ボランティアスタッフとして関わらせていただきました!

 

去年、いつも姉ちゃんと呼んでいるお友達から「きっとかほちん好きだよ!」

とお誘いを受けて行ったのがALPS  BOOK CAMPでした。

今年、私は、「りと、きっと好きだよ」と声をかけて、友人を連れて参加!

こうやってきっと好きの連鎖が自然に集まる場所。

 

《出展情報》

 

主に松本を中心に人気のお店が集結。

今年は北海道からの出展者も。

県内外の人が集まって、長野の、木崎湖の、

この場所の魅力を当たり前のように語り合います。

 

ご飯屋さんがキッチンカーを出して、腕を振るいます。 

珈琲屋さんは、一杯一杯丁寧にドリップするコーヒーを淹れてくれます。

 

 

ブックキャンプということで、

2日じゃもちろん読み切れないほどたくさんの本にも出会うことができます。

車に積んできたたくさんのお気に入りの本を売ってくれます。

自分の本を売る人もいれば、友達の本を売っている人もいます。

 

 

 

私のオススメは、フォーのお店こーさんのうちforet coffeeさん。

 

こーさんのうちのオーナーさんは、とても気さくで愉快な感じ。

「暑い暑い、本当に疲れちゃう」

なんておしゃべりしながら、手際よくトムヤムフォーを作ってくれました。

「うちのは世界レベルだって、お客さんが入ってくれるから、うまいよ~」

って言ってたけど、これは本当。笑

タイ料理は大好きでいろんなお店に行くけれどつるんと食べやすいのに、味はしっかりしていてすごく美味しかった!

2日中2杯は食べた!笑

 

 

 

foret coffeeさんのオススメは、マスターとコーヒーソーダ。笑

最後に載せた動画でニコッと笑ってくれているのがマスター。

なんとも不思議な空気感で、ちょっとゆるい感じ。

なのにコーヒーは美味しすぎる。

もう私はマスターとコーヒーのファンなわけです。

私とりとでお店の前で「おいしい~」って思わず大きな声で言っちゃったから、

かなりの宣伝になったはず!🙊笑

長野に行ったらまず頭に浮かぶお店の一つになりました😊

 

 

 

 

《ステージ情報》

ALPS BOOK CAMPに来てからずっと疑問に思っていたのが、

音楽がないこと。

自然の声や、出展者さん、来場者さんたちの笑い声がBGMってことなのかな。

なんて色々と考えていたけど、ちょっと違った。

ステージの時間になると、

会場中にアーティストさんたちのやさしい生の歌が響き渡ります。

歌うことって、すごく自然で神秘的なことだと思う。

だから自然との相性も抜群すぎた。

なんか、気持ちのいい音楽が聞こえて来る!

どこだろう!

っていう感じで辿っていけば、ステージにたどり着きます。

 

 

自然に溶けるフェスとタイトルをつけた大きな理由の一つが、アン・サリーさんの歌。

私ははじめてアン・サリーさんの歌を聞きました。

鳥の声みたいに優しく、風の音のようにすっと身体に入ってくる。

不思議な感覚でした。

中でも、感動したのが、「のびろのびろだいすきな木」

人間一人一人は違うけれど、一人一人がのびのびと、太陽に向かって元気よく、まっすぐ生きていけることを

応援してもらっているような気持ちになりました。

応援というか、それが当たり前のことであるよって、優しく教えてくれているような気持ちになりました。

こんな風に穏やかに、優しく生きていきたい。

私の憧れの人の一人になりました。

この場で出会えたことを、本当に嬉しく思います。

 

《一年に一度を楽しみに集まる参加者さんたち》

 

私は今回スタッフとして参加させていただいていて、

主に駐車場でお迎えと、お見送りをしていました。

ここにやってくる方はみなさんとてもやさしい方達。

お疲れ様の一言や、お菓子の差し入れをくれた男の子もいました。

 

一年に一度、ここに来るのを楽しみにしている県外の方もやってきます。

来るたびに連れてくる友達が増えているらしいです。

私もその一人。

 

マスヤゲストハウスで出会ったゲストさん、

スタッフのリッキーさん、

リビルディングセンターのかなこさんやりょうこさん

古道具のninnjinnsanのやっちょさん

長野在住のお友達たち。

 

 

今まで長野に遊びに行くことは多かったから、まるで同窓会みたいな気分で

たくさんの人に会えて、すごく嬉しかった!

もちろん会話の始まりは

 「なんでいるの~!」

だけれども。

「ご縁があって、、、!」

って、当たり前のように言わせてもらっていたけれど、本当にご縁てありがたい。

うれしい。

 

なんで長野にこんなに私がいるのかといえばその理由は一つで

個性がのびのびと生きているような気がして大好きだから。

 

 

 

 

本を読んだり、湖に入ったり、美味しいものを食べたりお昼寝したり。

思い思いに、気持ちいい時間を過ごします。

それが当たり前のようにあって、

各々の楽しみが時々交差する不思議なフェス。

人間が自然に溶け込んでいるような感じがして、私はとても好き。

 

本当に楽しい時間を、どうもありがとう!

動画も、作ってみました。ワクワク感、伝わるといいな。

 

 

 

また来年!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ARCHIVE
RECENT POSTS
SEARCH BY TAGS