• Facebook - White Circle

© 2017 presented by HEARTRIP

やさしさに命があったとすれば

流行ってるとか可愛いとかそういう理由で好きなんじゃなくて、心がぐっと掴まれたり、ワクワクしたり、視界がひらけていくような感覚。


そういう思いで聞く音楽があって、たまたま出会った人がそれを好きだといっていたら、バイブスが合うと思います。


心がぐっと掴まれたり、ワクワクしたりするポイントが同じだから。

 

でも、バイブスが合うことはわかっていたとしても、同じ言葉を話すとは限らない。

 

でもその言葉はヒントで、ちょっとずつニュアンスの違う、その人だけの世界にお邪魔させていただく鍵のような感じがします。


だから私は、安心してその世界にお邪魔します。バイブスが合うことがわかっているから、なんの心配もないんです。

安心しているのです。

 

わたしは、バイブスが似ていて、違う言葉を話す人を大切にします。

その人の世界が見てみたい。


わたしはその人が話す言葉、姿勢、その全てと向き合っている気がします。潜在的にはいつも。

 

================================

 

今日は、私のお友達のまさとくんの話をしたいんです、

まさとくんは、私と同じ時期に同じ期間くらいで世界中を旅していた人。
帰ってきたらハグをしようと約束をしていたから、

ハグをしにいったんです。下北沢まで。
美味しいカレーを食べたんです。
まさとくんはきっと、バイブスが合う人だってわかります。

だからいつも安心して会います。
世界中を旅して帰ってきたばかりのまさとくん。南インドタイムだから問題ないよといって、私の遅刻を笑ってくれた。


そうそう、旅から帰ってきたばかりの時って、日本の人が歩くスピードとか社会が回るスピードとか、そういうのとのチューニングが必要なんだった。
まさとくんは今まさにチューニング中なんだな、と思いました。

 

まさとくんの旅、本当に素敵だった。私がもう少しビビリじゃなかったら、

まさとくんみたいな旅をしてみたい。どんな旅かというと、特に予定を決めることなく、本当にその時行きたいところに行って、いたいだけそこにいるというスタイルです。そんなまさとくんに、どうやって旅の行き先を決めていたのかと聞いてみたら、


風を感じなくなったら次に行く。
と話してくれました。

 

 

 

風か。

 

私は水だったから新鮮でした。常に美しく輝く水に憧れているから、水の流れが滞らないように、たくさん流すし掃除をするし、温度も調節するよと話しました。

 

 

 

まさとくんは風で、私は水だね。

 

そう話した後で、
カレーでいっぱいのお腹に注いだ水の感覚がよかった。

 

風か。

しばらくずっとわからなかった、でもいいなぁ。風かぁ。
そうかぁ。いいなぁ。

 

==================================

社会人になった私は、もう嵐のように違和感に出会いました。

毎日フルで五感が働く感覚があったな。世界一周している時よりも、たくさんの違和感に出会ったかもしれない。

その嵐のような毎日に、私は初めて風を感じた。何かが私の周りを風切って進む。時々風が背中を押してくれる感覚を感じていました。

その初めての感覚は、水ではなく風だった。

 

 

 

 

ゆりかもめで電車を待っている時に風が吹いていたからかもしれないけれどきっとそれだけじゃない。

 

 

まさとくん、これが風なんだね。
もしも、社会人になっていなかったらと時々考える。

私は風を感じることはなかったのではないかと思う。
だからやっぱりこの日々は、私にぴったりなんだとわかったよ。

 

ああそうだ、現実的に、私が今どこでなぜ働いているのかと、はーとりっぷのことを来週くらいには書きたいなと思います。遅くなってしまったな。

 

そんなことより、まさとくんの世界を、見せてくれてありがとう。

 

バイブスが合うからかな、風という言葉を頼りに気持ちいい感覚を知ることができて、嬉しかった。一緒に私の勇気になっているよ。

 

言葉は手掛かりにしかならない、かもしれないけれど、バイブスが合うと感じる人が話す言葉は、新しい世界を感じるヒントになる。
それは間違いない。

 

そして時に自己納得感を増してくれるものになったり、勇気になったりもする。

 

言葉は全てではないけれど、言葉があってよかった。

風か。

 

 

まさとくんがチャレンジしていたクラウドファンディングがあって、
私はまさとくんがみてる世界が見たかったから、応援したんです。
まさとくんはそのお礼に、きらめきを撮ってきてくれました。

 

 

 

 

 うん〜!!

 

 

素敵な言葉も添えて。

 

 

 

やさしさに命があったとすれば。そんな素敵な言葉があるのか。

今度は命が気になるよ。

 

 

私の夢は、将来ゲストハウスのようなものを開くことです。
私の夢は、ゲストハウスのようなものができたら、南向きの大きな窓の隣にそっとこの写真を飾ることです

 

バイブスってなんだよ、

きっと、好きな音楽が同じ人のことだよ。

だから自分の好きを大切にしてたら
だれかのバイブスにきっと気づく。
1人じゃないことに気付くんだ。

 

何より、風を感じられる今が嬉しい。

ありがとう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

SEARCH BY TAGS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ARCHIVE
Please reload